紀伊國屋書店 新宿本店の4階売場にて


今日は、緊急で資料のご紹介をします。
一級建築士試験についてです。
 
先日、一級建築士試験「設計製図の試験」の課題が公表されましたね。
今年、平成29年(2017年)の製図課題は、「小規模なリゾートホテル」
試験日は、平成29年10月8日(日曜)です。
 http://www.jaeic.or.jp/shiken/1k/1k-seizu.html


2017年2月号 特別企画 進化するホテルデザイン

来ましたね。商業空間の課題が。
しかも、ホテル。
弊社の刊行物の中でも、ホテル特集は非常に好評をいただいております。
そして今も、編集部に日々、次々とホテル開業情報が集まってきています。
 
そこで今日は、一級建築士の製図試験「小規模なリゾートホテル」に関する参考資料を、以下にリスト化しました。
弊社の特徴は、掲載店舗の図面を必ず掲載していることです。
ホテルであれば、チェックインカウンターやレストランのある共用エリア。そして、必要に応じて、客室の平面図も掲載しています。そうした図面が、製図試験の参考資料にご活用いただけるかと思います。
そして、もう一つ。図面に加えて、弊社の最大の特徴は、豊富な写真です。「小規模なリゾートホテル」を設計せよという課題に対して、それがどのようなスケール感で、どのような機能と雰囲気を持ったホテルであるのかをイメージできないと、そもそも製図ができません。というわけで、「小規模なリゾートホテル」のスケール感、必要機能、大まかなプランニングを、試験前に的確にイメージしていただくために、誌面にある写真をたくさん頭に刷り込んでおいていただけると、スムーズに製図に取り掛かれるでのではないでしょうか。


2017年6月号 P.42〜。「星のや バリ」。まさに傾斜地に立つリゾートホテル!

【参考資料リスト】

◆2017年2月号 P.63〜
 特別企画 進化するホテルデザイン

80ページを超えるホテル特集です。
「リゾート&都市型」「コンセプト型」など、現在のトレンドに合わせて三つのジャンル分けてホテルを掲載しています。
http://www.shotenkenchiku.com/products/detail.php?product_id=283

 
◆2017年3月号 P.50〜
 東急ハーヴェストクラブ

これは、会員制ホテルです。二つのレストランを持っていますが、大きな宴会場をいくつも持つ総合ホテルではなく、比較的コンパクトに共用エリアが構成されているので、「小規模リゾートホテル」にカテゴライズできます。
取材段階では、客室のリニューアルがされていなかったので、客室は掲載せず、リニューアルされた共用エリアのみ掲載しています。
http://www.shotenkenchiku.com/products/detail.php?product_id=284


◆2017年6月号 P.42〜
 星のや バリ
 界 アンジン

星野リゾートが展開する最新ホテル2件です。
今年の製図試験の注記を見ると、「斜面地を考慮した建築物の計画」とあります。
そうです、「星のや バリ」がまさに、斜面に立つリゾートホテルなんです。傾斜地をうまく生かしていることが、このホテルの特徴でもあるので、その断面図を掲載しています。
静岡にある「界 アンジン」のほうは、温泉旅館とホテルの良いところをミックスした宿泊施設です。共用エリアが、レストラン一つと、こじんまりしたラウンジで構成されているので、「小規模リゾートホテル」にカテゴライズできそうです。
ちなみに、製図試験と直接は関係ありませんが、星野佳路社長のロングインタビュー(P.70)は、ぜひお読みください。編集部側が、「ここまで包み隠さずストレートに具体的に語ってしまってよいのか」と驚くようなインタビュー内容になっています。お見逃しなく。
http://www.shotenkenchiku.com/products/detail.php?product_id=291
 

◆2017年9月号(制作中。8月28日発売)
 コンラッド大阪

ただいま制作中の9月号にて、巻頭で、大阪・中之島に開業したラグジュアリーホテル「コンラッド大阪」を掲載予定です。
館内に散りばめられた現代アートと、天空のラウンジが、宿泊者に非日常の高揚感を与えます。

 
◆「CREATIVE HOTEL & COMMUNICATION SPACE」
ホテルの企画・設計・運営を一気通貫で手掛ける事務所「UDS」。彼らの仕事をホテル案件中心にまとめた1冊です。
共用エリアや客室の図面を豊富に掲載しましたので、製図のご参考にご覧ください。
http://www.shotenkenchiku.com/products/detail.php?product_id=267


◆「コンパクト&コンフォートホテル設計論」
気持良くて、快適で、機能的で、スタイリッシュで、リーズナブル。そんなホテルを「進化したビジネスホテル=コンパクト&コンフォートホテル」とカテゴライズして、デザインコンセプトの考え方と設計手法をまとめた1冊です。
ですので、リゾートホテルは掲載されていませんが、客室の図面を多数掲載しましたので、ホテル設計の参考にしていただけるかと思います。
お陰様でロングセラー。ありがとうございます。
http://www.shotenkenchiku.com/products/detail.php?product_id=162
 


「CREATIVE HOTEL & COMMUNICATION SPACE」には、ホテルの平面図を多数掲載しました


「コンパクト&コンフォートホテル設計論」にもホテルの図面が載っております

以上、緊急で作成した資料リストでした。
 
さらに、これから制作に着手する「2017年10月号」(9/28発売)でもホテル特集を予定しています。
試験対策にギリギリ間に合いますね。
お見逃しなく!!
 
  
  
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
製図試験を受験される皆様のご健闘を、編集部一同お祈りしております。〈塩田〉
 



RSS2.0