ボーダレスワールド。ミラーを効果的に配し、床や壁面に浮かぶ映像が続いていく空間


本日は、「店舗のインテリア」から少し外れたお話を。

先日、6月21日(木)にオープンする「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」の内覧会にお邪魔してきました。
こちらは森ビルとチームラボによる、デジタルアートミュージアムです!

コンセプトは「Borderless」。
面積約10,000㎡という巨大な箱の中に、世界初公開作品を含む約50作品が点在します。
空間構成は「Borderless World」「チームラボアスレチック 運動の森」「学ぶ!未来の遊園地」「ランプの森」「EN TEA HOUSE」の五つの世界に分けられ、
迷路のような空間にそれぞれの展示が境界なく連続し、常に変化していきます。




いつも「月刊 商店建築」をご愛読いただき、ありがとうございます。
京都に行ってきました。
最新のカフェなど、いろいろ見てきました。
 
読者の皆さんとシェアしたいと思ったので、本日のブログのテーマは、「京都に行ったら、このインテリアを見よう」です。
本日は、皆さんを"京都インテリアデザイン散歩"にご案内します。




弊社(商店建築社)のある新宿にも、ようやくアップル社の直営ショップができます。
「Apple新宿」が、2018年4月7日(土)にオープンします。



学芸大学にあるランドリー。壁一面の窓から光が差し込む明るい空間

こんにちは。
毎月ご愛読ありがとうございます。
いよいよ東京では、桜が咲きつつあり、本格的に春ですね!

今日は、「ランドリーが進化中です」という話です。
えっ、ランドリー?
そうです、コインランドリーとかクリーニング店とか、そんな「洗濯」に関するショップです。
これが、ここ数年、進化しているんです。



SUPER MODEL/KDa


先ごろ、天王洲にオープンした、日本では初となる建築模型のミュージアム「建築倉庫」に行ってきました。現地では、館長の徳永雄太さんにご案内いただきました。

まず、目を惹きつけられたのは、1枚めにアップしたこちら!

クラインダイサムアーキテクツ(KDa)による「スーパーモデル」の模型。2012年にイベントで展示されていたものに再び会うことができました!
これをキリンのオブジェと見るか、未来の建築プロジェクトと見るか。よーく見ると、所々に人が入っていて、こんな建築に入ってみたい!という気持ちにさせられます。






東京ミッドタウン(東京・六本木)のクリスマスインスタレーションが繊細で美しかったので、ミニレポートです。

館内のアトリウムに、ルネサンス様式の列柱のようなフォルム、かつ和を少し感じるモチーフの装飾が一面になされれています。柄は雪の結晶やフラワーを抽象化したようなイメージです。デザインを手掛けたのはGARDEの梶原章さんらのチーム。



東京・六本木のAXISギャラリーで、イシマルのデザイナー、鈴木清巳さんによる展覧会が開催されています。 鈴木さんによるカーボンの椅子は、ご記憶にある方もいらっしゃると思いますが、今回は座れます!、触れます! そして、新作のソファも。

 

詳細は以下をご参照ください

http://www.axisinc.co.jp/building/eventdetail/492




4/13(水)〜4/26(火)まで、照明デザインを手がける「NEW LIGHT POTTERY(ニューライトポタリー)」の展示会が、CIBONE青山で開催中です。




こんにちは、商店建築の山倉です。
さて、今は卒業式シーズンまっさかりですね。連日、これから卒業式!という袴姿の晴れやかな姿を多数見かけます。

卒業シーズンといえば、卒業制作!! ということで、私たち商店建築編集部では、1月末ごろから、卒業制作展を見て回りました。
誌面では、3/28発売予定の商店建築16年4月号NEWS欄にて、「卒業制作展レビュー2016」と題し、多摩美術大学、武蔵野美術大学、桑沢デザイン研究所の学内店や学外展の様子を紹介します。ご期待ください!




撮影/斎藤正洋(以下すべて)


2014年10月号から弊誌での連載が始まった、「バナキュラーショップデザイン 世界の街を訪ねて」では、写真家の斎藤正洋氏による取材・撮影により、世界各地の、その土地らしい味のある店舗やレストランの様子をお伝えしています。

発売中の12月号では第15回を迎え、「トルコ・イスタンブール編」を掲載。
誌面では掲載しきれなかった写真の数々が斎藤氏より届きました。




RSS2.0