おはようございます。
東京は、爽やかな快晴。気持ち良い一週間のスタートですね。
ホテルと照明に関する情報です。あと、オススメのカフェについても。
 
昨日、二子玉川「蔦屋家電」に行ってきました。
毎週のように行っていますが、ここは本当に居心地が良いですね。
「商店建築」関連の刊行物もたくさん置かれています。




取材で渋谷に出掛けたので、明治通りを、渋谷から原宿にかけて歩いてみました。
明治通り沿いには、たくさんのショップがあります。たとえば、「DIESEL」「PULP 417 EDIFICE(渋谷キャスト内)」「ABAHOUSE」「le coq sportif」「Right-on」「niko and」「CPCM」の店舗。
いま、上に挙げたショップに共通する点があります。わかりますか?




6月8日(木)19:30より、二子玉川 蔦屋家電にて、ライティングデザインに関するイベントを開催します。
月刊『商店建築』6月号および『Commercial Space Lighting vol.2』の発売を記念したもので、ライティング・プロダクトの制作を手掛ける永冨裕幸さんと飛松弘隆さんをゲストに迎えたトークイベントになります。




今週5月26日(金)に中目黒のhappaで開催される新しいデザインイベント「POTLUCK DESIGN TABLE」のお知らせです。

建築、プロダクト、インテリアといった分野の垣根を超えて、
毎回デザイナー3組が「今おもしろい」と感じるデザインを持ち寄り、
それについて語ることからこれからのデザインの方向性や可能性を探ることを目的とした当イベント。

初回のゲストスピーカーは、GELCHOPのモリカワリョウタさん 、studiobowlの村上諒平さん、DAYS.西尾健史さん。
それぞれ個性的なアプローチで、家具やインテリア、ディスプレイデザインなど幅広く活動する若手デザイナーの方々です。




グラフィソフトジャパンと商店建築のコラボレーションセミナー
「ブランディング戦略としての店舗インテリアデザイン」が開催されます!

プログラムは、ドイルコレクションの井上愛之氏と弊誌編集長の塩田健一とのトークセッション「ブランディング戦略としての店舗インテリアデザイン」、池田建築設計の池田暢一郎氏による「店舗デザインにおけるBIM活用の実例」と題したARCHICADの活用事例紹介、グラフィソフトジャパンのBIM最新バージョン「ARCHICAD20」のプレゼンテーションなど。
お申し込みは、先着順となります (入場無料)。




インテリアのパリコレと称される、国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」開催に先立ち、「MAISON & OBJET DAY in TOKYO」が開催されます!

9月展でのみ開催される「メゾン・エ・オブジェ|プロジェ|」を擁するホール8は、空間デザインの為の素材やソリューションを提案する出展社を集約しており、建築家やインテリアデザイナー必見の内容となっております!!

来場者向けセミナーでは、9月展のインスピレーションテーマや、次回展から新しく構成されるホールについての説明に加え、A.N.D.の小坂竜氏による空間デザイナーの視点から見た「メゾン・エ・オブジェ」の魅力をご紹介いただきます。また、会場となった「クオーツギャラリー」(16年6月号)は小坂氏のディレクションプロジェクト。自身のデザインへの活かし方にも注目です。

出展社向けセミナーでは、2017年1月展で岐阜県と商品開発事業において県内企業10社の商品デザインを手掛けたセバスチャン・コンラン氏を迎え、自身のデザイン理念が語られます!

セミナー後には、ネットワーキングパーティも開催されますので、来場・出展を問わず奮ってご参加ください!!

MAISON & OBJET DAY in TOKYO
日時:6月13日(火)15:00~20:00
<プログラム>
 14:30~ 第1部受付
 15:00~16:10 【第1部】来場者向けセミナー
 15:50~ 第2部受付
 16:20~17:30 【第2部】出展社向けセミナー
 17:45~20:00 ネットワーキングパーティ

会場:QUARTZ GALLERY | クオーツギャラリー 
〒150-0002 東京都渋谷区 渋谷2丁目10-10 10F

http://www.maison-objet.com/en

お問い合わせ先
メゾン・エ・オブジェ・日本オフィス 株式会社デアイ
東京都港区南青山5-4-6 308
電話番号:03-3409-9495 Email:m-ojapon@deai-co.com




みなさまこんばんは。
明日から待望のゴールデンウィークが始まりますね。いかがお過ごしでしょうか。
「月刊 商店建築5月号」が書店に並び始めました。

今月号はユーザー人気も高い「カフェ」の業種特集に加えて、
特別企画としてチョコレート店のデザインをご紹介する「Chocolate Shop Design」を掲載しております!




商店建築5月号、本日発売です!!
http://www.shotenkenchiku.com/
毎回とても反響の大きい「カフェ特集」。今年もやります。
今回は、「スターバックスコーヒー」「タリーズコーヒー」「ブルーボトルコーヒー」「ディーン&デルーカ」といった注目ブランドの店舗に加えて、ロサンゼルス発のパイ業態の日本1号店、大型の焙煎工房を併設したカフェなど、最新のカフェプロジェクトを集めました。
これらのカフェのデザイン上のポイントは「クラフト感」です。店内のデザインはシンプルだけれど、床、壁、天井、家具の素材が、深みのある表情を持っています。そして、コーヒーを淹れるバリスタの姿を、いかに店内で魅力的に見せるかも、カフェのデザインの重要な要素です。今求められているそんなカフェを一挙に掲載しています。
更に、この「クラフト」の新しいトレンドとして、今、隆盛し始めている業態が、「クラフト系のチョコレートショップ」です。「ビーン トゥ バー チョコレート」と呼ばれる手づくりチョコレートを販売するショップが、東京や京都を中心に増えており、今後も全国に増加しそうです。そんな新世代のチョコレートショップを特集しました。そもそも、どんな製造プロセスを経て「ビーン トゥ バー チョコレート」がつくられ、そのためにどんな機能やスペースが必要なのか。丁寧にレポートします。
また、クリニック特集では、デンタルクリニックを中心に、耳鼻科や産婦人科など、クリニックの空間デザインを一挙に掲載。待合スペースの設計手法に関する記事も掲載しています。
http://www.shotenkenchiku.com/



「タッチ&フロー 東急プラザ銀座店」(設計/パドル 撮影/大瀧 格)


春めいた気候が心地よい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
今回は好評発売中の「商店建築4月号」のうち、「専門店特集」の見どころをご紹介します。
文房具やメガネ、鞄などの小物を扱う物販店のデザインを全16店舗掲載しています。




RSS2.0