18年3月号「空間とモノで魅せるクラフトショップ&ギャラリー」


こんにちは。
毎月ご愛読ありがとうございます!

今日は、店舗デザインのトレンドについて書きます。




テラスから富士山を望む表紙は、「星のや富士」です。(設計/東 環境・建築研究所 ランドスケープデザイン/オンサイト計画設計事務所 撮影/ナカサ&パートナーズ)


増刊『GOOD DESIGN HOTEL』(¥3,000+税)が、今週発売になりました!
「宿泊機能の枠を超えたホテルデザイン」を副題に、さまざまな空間を紹介しています。
ゴールデンウィークのご予定はお決まりでない方は、この本を持ってホテルの一日を楽しんでみてはいかがでしょうか。




みなさまこんにちは。

先日静岡の浜松を訪れ、設計者に案内をしてもらい、いくつかの物件を見てきました。

東京にいると忘れてしまいそうになるのですが、地方都市では人口の減少やスプロール化によって活力を失っている街が多く、浜松もまさにそういった問題を抱えています。
ただそんな状況だからこそ、それぞれの街の特徴や強み、また「何を持って都市を盛り上げるか」という意思がそのまま現れてくるとも感じています。それで言うと浜松は、「街の空白を若いクリエイターが埋める街」でしょうか。




こんにちは。
商店建築ブログをご覧いただきありがとうございます。

先月末に発売された「商店建築4月号」では、オフィスに加えて、各国料理レストランのインテリアをご紹介しています。
レイアウトやマテリアルだけでなく、運営のされ方にも新鮮さが感じられる事例8件が並びます。

↓↓ラインアップはこちらです↓↓



ナインアワーズ竹橋(設計/平田晃久氏)

こんにちは。
いつもご愛読、ありがとうございます。
 
 
先日、ホテルを2軒、視察してきました。
弊誌のホテル特集は、最近、おかげさまで、とても好評をいただいており、ホテルに関する情報が求められていることを強く感じています。
そこで、編集部としてもホテル関連のリサーチには力を入れています。




こんにちは。4月に入り早一週間が過ぎました。
新年度で新しい生活になった方もいらっしゃることでしょう。

発売中の商店建築4月号オフィス特集でも取り上げたように、
働き方が、組織のあり方が急激に変わりつつあります。

4月号新作コーナーで取り上げた資生堂のフラッグシップ「SHISEIDO THE STORE」も
組織を超えた新たな協働から生まれた空間の一つ。
空間デザインは、nendo + onndo。
onndoとは、nendoと乃村工藝社の業務提携から生まれたデザインオフィスです。




アメリカ、イギリスにおいて九つのホテルを運営する「エースホテル」が日本初進出です!
「Ace Hotel Kyoto(エースホテル京都)」として、京都・烏丸御池に2019年末の開業を予定しています。

エースホテルは、地域性を取り入れた独自のデザインで知られ、地域のコミュニティーや周辺企業とのコラボレーションにより新たな文化発信と地域活性化の拠点となってきたホテルブランドです。




早くも桜が散り始め、鮮やかな新緑がまぶしい時期となりました。いかがお過ごしでしょうか。
さて、本日のブログでは、発売中の商店建築4月号の働き方特集「今こそ海外へ飛び出そう! ~世界で通用するビジネス、空間デザイン、心構え」についてご紹介します。
海外で活動するインテリアデザイナーや建築家、9名に海外で仕事をするようになったきっかけやトラブルシューティング、設計料をもらうタイミング、現地でのコミュニケーションなどをインタビュー!現地のリアルに迫りました!




弊社(商店建築社)のある新宿にも、ようやくアップル社の直営ショップができます。
「Apple新宿」が、2018年4月7日(土)にオープンします。




今年も、名古屋モザイク工業による施工事例コンテスト「デザイン・アワード2018」が開催されます。




RSS2.0